ノンストップ・ライティングをやってみた

「書く」を鍛える発想法「ノンストップ・ライティング」の魅力(アイデア大全より) - ぐるりみち。

 この記事を見て、ノンストップ・ライティングをやって見た。

ノンストップ・ライティングがどんなものかは、下記のやり方を見るのが速い。

  1. 書く準備をしてタイマーを15分間にセットする。
  2. タイマーがなるまでなんでもいいからとにかく書き続ける。
  3. 怖い考えやヤバイ感情に突き当たったら(高い確率でそうなる)、「ようやくおいでなすった」と思って、すぐに飛びつく。

 

(読書猿著『アイデア大全』P.43より)

 

今日やってみたところ、初回だからか結構15分長く感じた。でもぐるりみちさんの言うとおり、とにかく手を止めずに頭の中を吐き出す、ひとつのことに集中することはストレス解消になる気がする。

また、善悪とか関係なく思ったことを書き続けることで、自分も気づいてなかった本音が出てきそう。

見返したところ、最近よく考えてることが大体できっていた。今回は特に新たなネタは無かったが、次やればなんか面白いネタが出てくるような気がする。

 

15分で1600字くらいでした。結構楽しくできました

 

ノンストップ・ライティングの特徴まとめ

  • 集中する・頭の中をスッキリさせることで、ストレス解消になりそう
  • ブログのネタ出しに使えそう
  • 楽しいから習慣になりそう