ゲーム:仁王 レビュー

PS4 の仁王をやっとクリアしたのでレビュー。ホライゾンやるより先にクリアしてたんだけど、レビュー忘れてた、

 

仁王は和風ダークソウルと評判のゲーム。ソウルシリーズとの違いも意識しつつ、特徴を列挙してみる。

 

  • ほぼ日本が舞台。信長が死んで、家康が天下取るまでの話。
  • 武器が和(例外も少しあるが)。刀、二刀、槍、斧、弓、銃、大砲。
  • 武器ごとに上段、中段、下段の構えがあり、攻撃が多彩。
  • その代わり、武器固有モーションが無い。これ結構ガッカリ。
  • 同じ武器のパラメータ違いを拾い続ける。
  • 鍛治もある。ほとんど利用してないのでよくわからないが、多分最強武器を作るには必要。
  • 強くなった感が無い。こっちのレベルに合わせて、敵が強くなってる気がする。てか強くなってる。そのせいでマンネリ。
  • 雑魚敵がすげー強い。ダークソウルも数的きついけど、仁王は段違い。ちょっと強めの雑魚キャラだと1コンボで死ねる。強くなった感が無いのと合わせてかなりのがっかりポイント。
  •  1回死んだらそれまでの経験値がそこに残る。拾えたら復活、拾えずに死んだら消えるのはダークソウルと一緒。
  • ストーリーは微妙。まあダークソウルも良いとは言い難いけど、アイテムの説明欄の深みとかがあるのでダークソウルの方が好き。
  • 友達との協力プレイはしにくい。協力してくれる方はその面をクリアしている必要があるため。2週目ではこの制約はなくなる。

 

というわけで、まとめ。

とにかく自分が強くなった感が無く、雑魚敵が無駄に強いので正直ストレス溜まるゲームでした。

が、構えとか武技とか武器ごとの特徴とかがあるので、極めれば対戦とか面白くなる気配は感じました。

ダークソウル好きは一度やってみても良いですが別物です。

 

仁王 - PS4

 

他のゲームレビュー

 ゲーム:ホライゾン Horizon Zero Dawn紹介 - Demios' Soul